*

環境管理について3

食品関連工場の総合環境衛生管理

食品工場の管理

食品工場の課題は安全な食品を製造し、流通することです。安全な食品とは、食中毒

の発生や異物混入のない食品のことです。そのためには、様々な管理手法を導入して、

全ての商品の安全、安心を保証しなければなりません。多くの食品工場で導入されて

いるのが欧米の品質保証システム・マネジメントシステムに基づく自主衛生管理の仕組み

づくりと実践です。食品衛生法、食品衛生規範などに基づいて、徹底して品質管理を

実施することが必要です。

サポート内容

 

食品スーパーの管理

食品スーパーの責任は安全な商品を販売することです。バックルームで調理・加工

する食品のみでなく、仕入商品についても安全であることを保証しなければ

なりません。従いまして、自社で調理・加工する食品の衛生管理と仕入商品の

衛生管理を実現することが必要な課題です。

サポート内容

 

容器、包材、印刷工場の衛生管理

商品の用途や納入先によって、管理レベルが異なります。異物混入防止は当然のこと

ながら、目に見えない微生物の管理までもが求められる場合もあります。管理すべき

対象を明確にして、必要な管理を効率よく行うことが課題です。そ族昆虫、毛髪、

体毛、粉塵、カビなどに対する管理が、一般的に広く行われています。

サポート内容

 

産業クリーンルームの汚染防止

ICT関連素材、部品工場の管理

ICT関連工場では、製品に異物を付着させないことが最大の課題です。目に見える

異物は当然のことな20µ~50µ前後の微小異物をコントロールして、安全、安心を提供

しなければなりません。当然のことながら、昆虫やそ族の管理も重要な課題です。

サポート内容


公開日:

  •    
  • 0
    follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ユンボ
解体作業

    はじめまして (株)ポー

水まわりの工事
水回りの修理相談

  はじめまして (株)ポート衛研です。

→もっと見る

  •  
  •  
PAGE TOP ↑