*

環境管理について2

床下環境改善

建物はシロアリの好物の木材が多くあり、また床下は外気にさらされず暗く湿度が

高いため、地面から建物内部に侵入する外骨格を持たないシロアリにとって絶好の

環境です。

シロアリはわずかな隙間からも侵入するため床下がコンクリートでも被害が確認

されています。主要な木材が被害に合えば、耐震性の低下に繋がりますので、

定期的なチェック・メンテナンスが肝心です。

湿気対策

水をよく使う場所(台所、洗面所、トイレ、浴室)の床下、水をまくことの多い玄関

まわり等の湿気が立ち込める場所の床下などは湿度も高く、シロアリにとっては格好

の棲家になります。

 

空気の流れの悪い床下を改善するにはいくつかの方法が考えられます

床下

 

基礎クラックの補修

最近では、鉄筋コンクリートやブロック造建物の被害が増えています。コンクリート

建造物でも、継目やひび割れ等で隙間が生じてしまい、コンクリートの下にある土から

シロアリが侵入してきます。

隙間が0.6ミリあればシロアリは侵入することが可能で、場合によっては隙間を少し

ずつ広げる事もします。ひび割れ自体も、住宅の重さやその後の地震などにより、

さらに広がっていく場合もある事から基礎のひび割れを補修し、長期間強度を

保つことが望まれます。

基礎補修の条件

上記の条件を満たす2液性エポキシ樹脂を注入することが大切となってきます。

つまり、表側からのモルタルなどによる目地止めだけでは、基礎強度の

改善にはなりません。

 

区切り

3つの柱を掲げて、環境ドクターがお客様へのサービスを提供しております。

私たちのミッションは、事業所の衛生環境を診断し、問題点を浮き彫りにし、改善対策

の処方箋を切り、治療・予防をしながら安全・安心な環境を維持・増進していく

ことです。

喩えて表現すれば「環境のお医者さん」ということになるので、社内では自分たちの

ことを「環境ドクター」と呼び、日々「圧倒的な技術」を確立するために、現場は

勿論、各種研修勉強を重ねています。

ポート衛研は3つの柱を掲げてサービスを提供しています。その3つとは

「現場主義」・「科学的根拠」・「再現性」を指します。

これら3つがバランスよく現場に組み込まれれば、必ず衛生管理面での経営効果

が上がる、と確信しております。

 

トータルサニテーションシステム

現場主義・科学的根拠に基づく実証・作業の再現性の継続、衛生管理の総合的な

維持管理が、環境ドクターの使命です。そのためのサービス体系を

トータルサニテーションシステムと呼んでいます。

総合衛生管理

 


公開日:

  •    
  • 0
    follow us in feedly
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ユンボ
解体作業

    はじめまして (株)ポー

水まわりの工事
水回りの修理相談

  はじめまして (株)ポート衛研です。

→もっと見る

  •  
  •  
PAGE TOP ↑